ブログの作り方や投資の収支などを公開。このサイトはSANGOのテーマを使っています♪

【初心者向け】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法 ~IPアドレス・Google Analytics オプトアウト アドオン~

今回はGoogle アナリティクスで、自分のアクセスを除外する方法を説明します。

ブログ運営している人は、アクセス解析の為に導入している人が殆どだと思います。
直近のアクセス数やページビューなど、ホントに沢山の情報が見られます。

それ故、送られてくる全てのデータを記憶しているので、自分自身のアクセスも計測されてしまうのです!!

私もブログを始める際に、とりあえず設定しておいたアナリティクス。
何となく毎日眺めては、今日は沢山の人が見にきてくれた、とか一喜一憂したりしてました。

ところが、その沢山のアクセスが自分だったりするんです。

ハズカシーー!(//∇//)
マボロシーー!!
ヌカヨロコビーー!!

と、なる前にチャチャッと、自分のアクセスは除外する設定をしておきましょう。
除外する方法は色々ありますが、今回は初心者でも設定しやすい2つの方法を紹介したいと思います。

おいどん

初心者でも簡単に出来ちゃう方法どん!

「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使った方法

まずは、 Google Analytics オプトアウト アドオンを使う方法です。
これはGoogleの拡張機能で無料で使えます。
インストールするだけなので、めんどくさがりな初心者にはかなりおススメです!

ただ、この方法はPC以外(スマホ・タブレット)には使えないので自サイトを見る時は自宅のPCを使うorスマホ・タブレットでも除外できる設定をする、必要があります。

また、この 『Google Analytics オプトアウト アドオン』 がインストール可能なブラウザは決まりがあります。
全ての機器にインストールできるわけではありません。

以下、5つのブラウザでインストールが可能です。
・Google Chrome(グーグル クローム)
・Firefox(ファイヤーフォックス)
・Internet Explorer 11
・Opera(オペラ)
・Safari(サファリ)

何にでもメリット・デメリットはありますので、自分でメリットの大きい方を試してみてくださいね。

chromeウェブストアを開き、拡張機能オプトアウトアドオンで検索(Enter)chromeに追加を押下。
たったこれだけです(‘ω’)ノ

オプトアウトアドオン-2
念の為、きちんと追加されているか確認してみましょう!
chromeウェブストアを開き、右上の設定を押下→追加した拡張機能とアプリを押下すると追加した機能が表示されます。

オプトアウトアドオン-3

確認したい機能をクリックしてみます。
無効の場合は、画像のように上に表示がでますので、何もでなければOKです。

おいどん

この拡張機能を追加すると、「Google Tag Assistant(グーグルタグアシスタント)」を使った時にエラーになるので覚えておくどん!詳しくは、下の記事を読んで欲しいどん!
【Googleアナリティクス】直帰率が0%なら重複設定の可能性大!初心者向けに画像付で説明します。

IPアドレスで除外する方法

続いて、『IPアドレスで除外する方法です。
こちらも設定自体は、そんなに難しくはなかったのでおススメです。

そもそもIPアドレスがよく分からないんだけど…

あいお

おいどん

じゃ、まず簡単にIPアドレスについて説明するどん!

IPアドレスってなに?

IPアドレスとは、ネットワーク上の端末(PC・スマホ等)を識別するために割り当てられている番号で「12.345.67.890」みたいな数字です。
インターネット上の住所のようなものです。

IPアドレスと言っても、色んな種類のIPアドレスがあります。
今回設定に使うのは「グローバルIPアドレス」というものになります。
他にどんなIPアドレスが知りたい方は、カゴヤのサーバー研究所さんで詳しく説明されていますので読んでみてください。

下記のサイトをクリックするだけで簡単に調べられます。
※IPアドレスが表示されたら、メモしてくださいね!

・サーバー監視/ネットワーク監視サービス
・IPひろば
環境変数を表示→リモートアドレスの番号がIPアドレスです。

・IPv6

IPアドレスが分かったら、アナリティクスで設定していきます。

ipアドレスで除外設定-1

アナリティスクの設定フィルタ

ipアドレスで除外設定-2

フィルタを追加を押下

ipアドレスで除外設定-3

フィルタ名     →「自宅PCアクセス除外」など分かりやすい名前
フィルタの種類   →カスタムを選択
フィルタフィールド →IPアドレスを選択
フィルタパターン  →調べたIPアドレスを入力

最後に、保存を押して完了です。

注意
このグローバルIPアドレスは、 ルーターの再起動管理しているプロバイダーにより変更されることがあるらしいのです。
なので、定期的にチェックするかルーターの再起動をした場合は、設定し直しが必要になってきます。

おいどん

wifiの調子が悪いからルーターを再起動したら、忘れずに再設定するどんよ!
なるほど~。忘れちゃいそうですね💦

あいお

おいどん

wifi経由の携帯も除外してくれるから、この方法が一番いいかもしれないどんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です