ブログの作り方や投資の収支などを公開。このサイトはSANGOのテーマを使っています♪

iPhoneとパソコンを繋ぐと『デバイスに到達できません』というエラーが出る時の対処法。

iPhone 10の写真や動画をバックアップしようと、パソコンに繋ぐと

『デバイスに到達出来ません』
『システムに接続されたデバイスが機能していません』

というエラーが出ます。

エラーが出たり出なかったり、iPhoneがPCに認識されなかったり、されてもフォルダの中が空だったり、、、
よくやくバックアップ出来たと思ったら、音声しか再生されなかったりと。

今回のその原因と対処法について調べてみたので検証してみたいと思います。

エラー原因

タイトルの様なエラーは、iOS 11以上のiPhone やiPad からパソコンに写真や動画をバックアップする際に頻発する様です。

調べてると、確かに

・iPhone 10(iOS 13.1.3.)→エラー
・iPhone 7(iOS 10.2.1)→エラー出ず

でした。

 

なぜiOS 11以上だとエラーが出るのか?

 

それはiOS 11以降から『HEIF』『HEVC』という新たなフォーマットが採用されている為(写真はHEIFで保存、動画はHEVCで保存)と、iPhone の設定が関係している様です。

iPhone の設定→写真→MACまたはPCに転送とういう項目が【自動】になっていると、パソコンに写真や動画を取り込む際に自動で互換性のあるフォーマットに変更し転送してくれる設定なのですが、その自動で変換する過程で上手くいかずエラーが出てしまうそうな(´・ω・`)

むむむ。音声しか再生されないの対処法でこの設定を自動にする、と互換性のあるフォーマットに変化してくれるので再生可能と記載したような、、、

どっちなんだ。。なぞなぞか(-ω- ?)

解決策① iPhone の入れ直し

私の事象は、エラーが出たり出なかったり、、と不安定なものだったので、何度かiPhone をケーブルから外し入れなおす作業で運良くバックアップする事が出来ました。

解決策② 設定の変更

iPhone の設定→写真→MACまたはPCに転送とういう項目を【元のフォーマットのまま】にチェック

解決策③

ネットに載っていた『これで直った』という方法を記載しておきます。

iPhone とPCが絡んでくると、原因を特定するのは難しいので色々と試してみましょう!

  1. iTunesが最新のバージョンか確認
  2. iOS が最新のバージョンか確認
  3. Windowsが最新のバージョンか確認
  4. Wifiに問題ないか?
  5. PCのドライバーに問題ないか?
  6. 純正のUSBケーブルか?

以前仕事で、iPhone 操作のサポートをしていた事もありますが、本当にエラーの改善は厄介でした。

違うiPhone で、違うケーブルで、違うUSBポートで、と色々試して1つずつ可能性を潰していく作業でしたね(´・ω・`)
パッと運良く解決する場合もありますが。。

以上です。エラー改善の参考に少しでも役立てれば嬉しいです!

バックアップ出来たのに、再生が出来ない場合はiPhone 10で撮影した動画ごWindows 8パソコンで再生出来ない時の対処法。も併せてご覧下さい(*・ω・)ノ

iPhone10で撮影した動画がwindows8パソコンで再生出来ない時の対処法。

次から次へと問題が出て来て、あたまがパンクしそうです((((;゚Д゚)))))))
皆さまの問題が少しでも早く解決しますよーに。

最後まで、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です