ブログの作り方や投資の収支などを公開。このサイトはSANGOのテーマを使っています♪

【WordPress】クラシックエディターからSANGO Gutenbergへの移行方法

グーテンベルクへの移行方法

こんにちは、あいおです。
今回は、タイトルにもあるように

クラシックエディター(=旧エディター)からSANGO Gutenberg(グーテンベルク)への移行方法

をまとめています。

現在は「Classic Editor」のプラグインを利用し、
クラシックエディターを使用しています。

ただ、今後クラシックエディターが使えなくなる可能性があるため、
少しずつGutenbergに慣れておこうと思います。

MEMO
2021年末でWordPress側でのClassic Editorのサポートが終了予定でしたが、2022年までは延期になっています。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます

という事で、
これが「Gutenberg」にして初記事になります。

移行は簡単にできましたが、
記事を書くのに手こずってます(-_-;)

なので「移行方法」と「つまずきポイント」を
記載しておきます。

これから移行される方の参考になれば幸いです。

クラシックエディターからSANGO Gutenbergへの移行方法

おいどん

Gutenbergを使うには、2つのことをするだけどん!

①SANGO Gutenbergのプラグインを有効化
②Classic Editorのプラグインを無効化

グーテンベルクの使い方

▲SANGOは、ダッシュボードの中に上記画面があるので、プラグインをインストールを押下→有効化。

グーテンベルクへの移行方法

▲今まで使っていた「Classc Editor」を無効化する。

1分あれば出来ちゃいますね!

あいお

MEMO
WordPress5.0以降のバージョンには、Gutenbergが搭載されているのでインストールの必要はありません。

SANGO Gutenbergの基本の使い方

Gutenbergで一通り記事を書いた際に
つまずいたポイントをまとめてみました。

つまずきポイント
・パーマリンクの変更方法
・本文の書き方
・プレビュー

STEP.1
新規作成

グーテンベルクの使い方

投稿一覧新規追加を押下。タイトルを入力。

STEP.2
パーマリンク設定

グーテンベルクの使い方

下書き保存を押すと、右側「パーマリンク」欄のURLスラッグで編集できます。

MEMO
下書きを押してもパーマリンクの設定画面が出てこない場合は、設定→パーマリンク設定→共通設定が「投稿名」にチェックが入っているか確認してみてください。
(※調べている時見つけた情報なので一応記載しておきます。)
STEP.3
本文入力

グーテンベルクの使い方タイトルをつけて、Enterを押下→そのまま書き始めます。

STEP.4
編集

本文の編集はこの赤枠のブロックで行います。
クラシックエディターとほぼ同じなので使いやすいと思います。

STEP.5
テキストエディター切り替え

右上「・・・」を押下→コードエディターで切り替え可能です。

STEP.6
メディアの追加

グーテンベルクへの移行方法赤枠のマークを押すと今までと同じ画面が表示されます。
通常通りにアップロード・追加が可能。

STEP.7
プレビュー

グーテンベルクの使い方右上にあるプレビューデスクトップ/タブレット/モバイル新しいタブでプレビュー

デスクトップ以外はうまく表示されないんですよねー💦解決したら追記します。

あいお

STEP.8
アイキャッチの設定

▲右上の設定マーク投稿アイキャッチ画像から設定

STEP.9
公開

グーテンベルクの使い方公開ボタンを押下。

以上が簡単ですが、
新規作成から投稿までの超基本の操作です。
これから使っていく中でつまずいたポイントがあれば
少しずつ追記してきます。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。